スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウルの旅
Mon.12.04.2010 Posted in 旅行日記
岡山⇔ソウル。
2泊3日の韓国デビュー旅行に行ってきました~(*^ ^*)
今回は、友人Kこりの友人Yサマが、ロッテホテルに安く泊まれるキャンペーンに当選し、
6名同行可能だったので、Kこりとともに私も便乗させてもらったのでしたv
Yサマ、お母様、そしてKこり、ありがとうございました!!

で、ソウル市街の中心に位置するロッテホテル本館。
ロビーがすっごい広くて豪華だし、いろんな施設も入っていて、チマ・チョゴリのお姉さんが出迎えてくれるし、客室自体はそれほど広くなかったけど(ツアー客用のエコノミー部屋なのでしょうね・・・)、設備は充実してて快適に過ごせました。
やっぱりいいホテルは、非日常が味わえて、ゴージャスな気分になれるし、いいもんですねぇぇ(^^)


さて、観光的なものもしなければ、と地下鉄に乗って向かった景福宮。
李氏朝鮮王朝時代の王宮です。(現在の建物はほとんど近年の再建)
観光客向けの、衛兵の交代式に遭遇↓
P1150017.jpg

P1150021.jpg
イギリスや台湾でも衛兵の交代式は見たけど、服装が近代のものですよね。
なので、完全に観光用のパフォーマンスではあるけれど、こういう時代装束ってのは、新鮮で面白かったです。
P1150023.jpg

P1150025.jpg

景福宮の敷地は広く、ゆっくり見て廻ると、かなりの時間を要します↓
P1150027.jpg
軒下の彩色も鮮やか↓
P1150032.jpg
屋根の上には不思議な動物が↓
P1150035.jpg
中国とも日本とも違う、独自の空気に魅せられます↓
P1150037.jpg
この王宮は、日本の植民地支配の時代、哀しい歴史の舞台となった場所です。
ほとんどの建物が、旧日本軍によって破壊されました。
近年、多数の日本人が韓国を訪れますが、旅を楽しむと同時に、
過去の闇の歴史に対しても、日本人として関心を持って受け止め、考える機会とするべきでしょうね。

景福宮のそばには、仁寿洞というストリートがあります↓
ここは、伝統工芸品からお洒落な雑貨まで、可愛い小物を扱う店がたくさん。
P1150039.jpg

さて、ここからあとは、写真がほぼ食べ物の写真になります~
食い倒れツアーのはじまりはじまり!?
まずは、仁寿洞にて、アサリの入ったうどん↓
スープが美味しかった~、一緒に頼んだ蒸し餃子も絶品でしたv
P1150041.jpg

お次は同じく仁寿洞、韓国伝統茶のお店にて↓
なつめ茶(手前)を飲んだのですが、予想外にめっちゃ甘かったです。
お茶菓子は韓国伝統のお餅、こちらも甘かった・・・
店の雰囲気はレトロで、落ち着いての~んびり過ごせました。
P1150042.jpg

そして韓国料理の代表格、参鶏湯に、豆腐チゲ↓あっつあつ~
この日は寒かったので、ほんと温まりました。
P1150008.jpg
韓国のどぶろく、マッコリ↓
蕎麦猪口みたいな器で飲みます。
P1150005.jpg
このお店で飲んだこのマッコリが美味しかったので、探したけど無かった・・・
他のは、う~んイマイチ、だったのです・・・

さて、韓国に来たからには、焼肉食べなきゃ!!というわけで↓
お肉のほかに、小鉢もたくさん付いてきて、何だか嬉しい。
P1150045.jpg
きれいに並んだお肉を↓
P1150046.jpg
神業のスピードで裏返してくれます↓
P1150047.jpg
竹筒に入ったご飯(手前)も、素朴な味わいで美味しかったですv


さて、ソウルど真ん中の繁華街、明洞の夜↓
P1150050.jpg
ステージでは何やらイベントが↓
P1150049.jpg

夜の明洞の楽しみの一つは、屋台の食べ歩き♪
韓国式おでん↓は、お餅みたいのに、甘辛ソースをつけて。
P1150004.jpg

中に餡の入ったお餅↓
P1150051.jpg

から揚げなどの揚げ物屋さん↓
P1150055.jpg
こんな財布を持って屋台で買い物するのは日本人。

これ一つのじゃがいも↓
P1150056.jpg
この切り方、神業です。

フライドポテトと、スルメイカみたいのは何だろう↓
P1150057.jpg
やっぱ屋台は活気があって安くて面白いですね~

最終日の朝には、明洞の市場へ行ってみました↓
あらゆる店がひしめいていて、掘り出し物がありそう。
P1150060.jpg
朝ごはんは、胃に優しいお粥↓
P1150058.jpg


ふ~、よく食べました(笑)
ソウルは、近くて便利で、気軽に来られて、美味しくて楽しくて、
たくさんの日本人がハマるのも無理はないですね~
小さなお店や屋台、地元の人向けのお店でさえ、買い物用語くらいは日本語が通じるってことも驚きでした。
下手な英語より通じる・・・
よく努力してるなあ、と思いますが、それだけ日本人観光客が多いってことなんですよね。
日本人のあまりいない、韓国の田舎はどんななのかな・・・

今回、韓国通のKこりには、いろんな美味しいお店に連れて行ってもらって、感謝ですv
おかげで楽しい旅が出来ました、ありがとう~^^
スポンサーサイト
上海の旅
Tue.30.03.2010 Posted in 旅行日記
岡山⇔上海。
2泊3日の強行軍ツアーに行ってきました~( ̄▽ ̄)

某大手旅行会社の超・激安ツアーなので、まあ文句は言えないんですが…
やっぱりツアーは自由がない、綺麗な所しか見れない、興味ない所にも行かねばならない、好きなもの食べられない、などなどストレス要因も多々ありました(*_*)

上海浦東空港↓に到着。
郊外にある国際空港で、メチャクチャ広いです。
P1140001.jpg

上海は今、万博前ということもあって、バブリーな建設ラッシュ。
高層ビルやマンションがバンバン建てられています。
バブル崩壊の経験を持つ日本人から見ると、何だか危うい感じがしますが…
P1140007.jpg

上海のテレビ塔↓
懐かしいなあ・・・というのも私、かれこれ10年以上前(うわー)、
上海をメインに蘇州・杭州・南京・北京・西安あたりを旅しながら、1ヶ月間中国に滞在したことがありまして・・・
P1140006.jpg
かつては、上海観光のメインは、19世紀半ばから欧米列強諸国の租界地として「東洋の魔都」と呼ばれた時代の名残をとどめる、黄浦江沿いに並ぶ堂々たる洋館群の「外灘」地区でした。
でも今は、「外灘」地区の遊歩道を工事中ということもあり、味気ない高層ビル群にその座を圧倒されてしまっています・・・


ツアーなので、お決まりの土産物店めぐりも付き合わねばなりませぬ。
お茶の店にて、試飲をいろいろと↓
ライチ入り紅茶が美味しかったなぁ。
P1140011.jpg
P1140012.jpg

1日目の夜には、黄浦江をナイトクルーズ↓
ライトアップはかなり頑張ってます。
高層ビル群は派手派手、外灘地区は落ち着いた感じで。
P1140016.jpg
寒すぎて船の甲板には出なかったので、写真はこれだけ。

今回のホテル↓
P1140017.jpg
4つ星でしたが、外見も部屋も従業員のレベルも、いたってフツーーー、でした。


2日目の午前中には、上海からバスで2時間ほどの、周荘という田舎町を観光。
北宋時代から900年の歴史を持ち、かつては水運、商業の要衝地として栄えたそうです。
P1140022.jpg

200年以上の古い町並みが今も残り、水路に石橋に柳の風情は、まるで中世都市にタイムスリップしたかのよう。
P1140027.jpg
P1140029.jpg
路地を進めば、工芸品や食べ物の小さな商店が軒を連ね、面白いものや珍しいものがいっぱいで、見ていて飽きません。

小船に乗って、水郷めぐり。
ベタな観光スタイルではありますが、天気が良くて、の~んびり進む船の速度が心地よくて、久々にゆっくりできました(^^;
P1140033.jpg
P1140036.jpg


午後は上海に戻り、江南地方を代表する庭園である、豫園↓を見学。
ここは、美しい庭園ではあるのですが、何といっても人が多い!!!
いつ行っても、人人人・・・
P1140039.jpg
P1140044.jpg

壺の形の出入り口↓
P1140045.jpg

太湖石を積み上げた築山↓
P1140046.jpg

園内には、多くの建物や池が点在し、それぞれに特色があり手が込んでいて、細かく見ていると面白いのです。
P1140056.jpg

豫園商場↓
世界中からの観光客でごったがえしてます・・・
P1140058.jpg


上海蟹↓も食べました。
でも食べるトコなかった・・・
P1140063.jpg
日本の中華料理店で食べた方がきっと美味しいよ


今回の往復は、中国東方航空↓
私も今までいろんな航空会社の機内食食べましたけど、ここのはもう・・・すごいですね(苦笑)
P1140065.jpg


駆け足の3日間でしたが、今の上海はとりあえず、万博に向かってパワーがあるみたいですね。
でも格差がますます激しくなっているのも事実なようで。
社会主義体制下での比較的自由な雰囲気を持つ大都市・・・
これからどんな方向に進んでいくのでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。